当社の事業
私たちは、コンピュータソフトウェアのあらゆる分野のシステム開発から運用および保守業務に至るまで縦横無尽に業務遂行の可能な事業をこなしております。ソフトウェア技術を中核にハードウェア・ネットワークと緻密な連携をコントロールし、包括的な視点でコンピュータシステムを企業経営に活用していけるようにコンピュータシステム製品およびコンピュータシステムサービスを提供しています。
次へ
システム販売
私たちは「建設業」「製造業」「販売業」「流通業」「物流業」「レジャー業」と多岐にわたる業種のお客様へ、会社業務を支える基幹システムを提供しています。基幹業務とは、企業活動の中核となる販売管理、生産管理、会計管理、人事管理、給与管理などの業務を指します。人手で処理や計算をすると計算ミスや処理の間違いなど様々な問題が発生する可能性があります。その人手で行っていた業務をコンピュータシステムにやらせるわけですが、システムの役割は大きく分けて2つあります。1つが【問題解決型システム】、コンピュータに作業を任せることにより上記のようなミスがなくなります。 2つ目が【経営戦略システム】、現状の売り上げや営業見込み、キャッシュフローなど企業経営には先を見通す力が必要となります。その経営方針や指針を導き出す支えとしてのシステムがあります。私たちKSEシステムクリエイトの製品は、システムによって業務遂行を円滑にするだけでなく、先々を見通せる戦略型トータルシステムを提供しています。

ラインナップ
■建設業向け
・建築土木システム  ・電気設備工事システム  ・プラント設備工事システム
■製造業向け
・機械組立生産システム  ・部品供給生産システム  ・化学製品(プラスチック)生産システム
・無工場型生産システム(工程管理型)  ・無工場型生産システム(生産委託型)  ・インテリア/家具生産システム
・インテリア/建材生産システム  ・線材製品生産システム  ・事務用品/文房具生産システム
・食品業向け生産システム  ・鋳造製品生産システム
■販売業向け
・輸入雑貨仕入販売システム  ・楽器/講習会/学校行事販売システム
・新車・中古車/車両整備販売システム  ・化粧品販売システム  ・小売業向け販売システム
■運送業向け
・客先常駐型運送システム  ・倉庫運用型運送システム  ・一般(短距離長距離)運送システム
・引越業運送システム  ・催事品組立運送システム
■物流業向け
・自動倉庫制御システム  ・自動搬送制御システム
■レジャー業向け
・ゴルフ場システム  ・オーナーズホテル付ゴルフ場システム  ・旅館/ホテルシステム
・ビジネスホテルシステム  ・スイミングスクール会員管理システム

特徴
”成熟と発展シリーズ”と題したトータルシステムの開発と販売をおこなっています。
営業業務から決算までの一連の業務を全て連携立てて運用できるようになっており、会社業務を全てカバーすることができます。どの業種に於かれましても常に原価と資金繰りおよび予算対比、決算情報を把握をおこなえるようにしてあります。先々を見据えた戦略性ある経営を実現するための企業のパートナーです。
【調査・分析】・・・ヒアリングの結果からお客様の
業態・状況を分析し、ベースとなるシステムを
選定します。

【フィット&ギャップ】・・・お客様のニーズと当社システムの
機能面の適合・乖離具合を分析し、
お客様の業務に合ったシステムへと調整してゆきます。

【カスタマイズ】・・・フィット&ギャップ分析の結果を
システムに反映させてゆきます。
次へ
パッケージ販売
パッケージシステムとは、広義の意味では店頭で販売されているソフトウェア製品、または、出来合いの市販ソフトウェア製品のことを指します。当社のパッケージ製品は、システム販売(ソリューション)事業で培ったノウハウをパッケージソフトとして、少ない機能で最大限の効果を得られるように構成されています。
CAN理シリーズ
CAN理シリーズ(かんりシリーズ)
「簡単!」「誰でも出来る!」、直感的に迷わず操作できるパッケージシステムを提供したいというコンセプトで作りました。

ラインナップ
■販売管理システム
・販売CAN理
■生産管理システム
・生産CAN理
■顧客管理システム
・顧客CAN理
■人事管理システム
・人事CAN理
■会計管理システム
・会計CAN理

特徴
「誰でも出来る!」をコンセプトに、使いやすさを追究したパッケージシステムです。データエントリーは選択するだけを基本に難しい操作は一切不要。
パッケージ画面
次へ
システム構築サービス
お客様の業務、要件にフィットするシステムを構築するサービスです。豊富な実績と経験、様々な問題を乗り越えてきた対応力と自信、製品力に裏付けされた確かな技術力で、ヒアリングから設計、開発、導入後のサポートまでトータルコーディネートを実施します。
”官公庁・原子力など分野を限定せず、常にチャレンジ精神を持って対応しています。
”当社はお客様のご要望をシステムとしてただ実現するだけではありません。「お客様と共に!」「お客様のために!」「お客様の立場で!」より良い提案をしていきます。

実績(一部)
■企業運用システム
・大学図書館管理システム ・戸籍附表管理システム ・印鑑登録管理システム ・建設・型枠在庫管理システム ・製鉄所製鋼熱延システム ・製鉄所熱圧設備集約システム ・製鉄所熱圧日程計画システム ・血液検査データ管理システム ・送電工事管理システム ・食品系自動倉庫管理システム ・ローン管理システム ・学習塾向けシステム ・車両生産ヨーロッパ本社システム ・旅行会社向け宿泊予約管理システム ・団体保険被保険者管理システム ・木工家具生産管理システム ・音響製品生産管理(部品・製品)搬送管理システム ・輸入食器仕入・販売・在庫管理システム ・衣料品卸・販売管理システム&工場生産管理システム ・CD・LD生産工場生産管理システム ・旋盤・加工・塗装製造業生産管理システム ・鉄鋼コラム生産管理システム ・税理士会・会員管理システム ・無工場生産管理システム(ファブレス生産) ・製紙工場向け生産管理システム ・プラスチック製品加工生産管理システム ・射出成形機生産管理システム ・運送業トータルシステム ・ゴルフ場システム ・セメントプラント型生産管理システム ・電気製品&組込み部品生産管理システム ・楽器&講習販売管理システム ・車両販売&車両整備管理システム ・シャーリング生産管理システムなど
■プロセス制御系システム
・自動倉庫制御システム ・無人搬送制御システム ・地震早期検地システム ・鉄コイル自動倉庫システム ・拡散水理実験システム ・ベンチマークテストシステム ・石油ローリー出荷制御システム ・分散型ローリー出荷制御システム ・冷凍倉庫(自動倉庫制御)システム ・鉄鋼建材制作ライン制御システム ・工場内地図生成&自動搬送制御システム ・工場製作部品・製品自動搬送制御システムなど
次へ
技術支援サービス
私たちは、【人材育成】に努力を惜しみません。当社システム製品の業務知識を万遍なく教育します。建設業、製造業、販売業、流通・物流・自動倉庫制御・自動搬送制御、レジャー産業はもちろんですが、金融(銀行・生損保・証券)、放送から航空産業まで、幾多の分野のシステム開発からメンテナンスまで精通したスタッフをプロジェクトに合わせて体制を構成する能力を備えております。また、汎用システム、オープン系、Webシステム、ミドルウェアと当社が誇る技術力を駆使して社会に貢献できるものと確信しております。

実績(一部)
<銀行業>
・勘定系システム
・情報系システム
・外為システム
・常任代理人システム
<ファイナンス業>
・クレジットカードシステム
・勘定系システム
・店舗端末システム
<生命保険業業>
・団体保険被保険者管理システム
・ファンド管理システム
・株式運用システム
・預金管理システム
<損害保険業>
・火災保険システム
・自動車保険システム
・再保険システム
・未経過システム
・団体保険システム
<証券業>
・ローン管理システム
・ATM休日運用管理システム
・証券業務システム
・証券決済システム
・市場監視システム
<食品業>
・ビール製造管理システム
・自動倉庫制御システム
・生産管理システム
<製造業>
・生産管理システム
・自動倉庫制御システム
・自動検収システム
・伝送制御システム
・物流管理システム
・設計業務システム
<官公庁>
・大地震早期検知システム
・逐次刊行物管理システム
・印鑑登録システム
・戸籍附表登録管理システム
・不動産登記システム
・共済システム
<販売業>
・販売管理システム
<運送業>
・事務合理化システム
<建設業>
・在庫管理システム
・設計支援システム
・事務合理化システム
<農協>
・購買管理システム
・米穀流通システム
<サービス業>
・販売管理システム
<セメント・プラント業>
・生産事務合理化システム
<航空業>
・統合システム
・ベンチマークテストシステム
<流通業>
・無人搬送システム
・新物流システム
<通信業>
・電子交換機試験システム
・VPSシステム
・地上波デジタル対応
<レンタル業>
・レンタル業務システム
<製薬業>
・販売・財務管理システム
<ゴルフ場>
・トータル管理システム
<特殊法人>
・MOX燃料製造管理システム
<財団法人>
・会員管理・会計管理システム
<自転車振興協会>
・共同在宅投票システム
<国保・社保庁>
・国民保険連合システム
<求人業>
・旅行情報管理システム
<医療>
・血液検査データ管理システム
<石油元売業>
・オフサイト業務管理システム
・石油ローリー出荷システム
<鉄鋼業>
・製鋼熱延システム
・熱圧設備集約システム
・熱圧日程計画システム
<鉄鋼製品(建材)加工>
・ハイデッキライン自動化システム
・建機オーダリングI/Fシステム
<電力業業>
・自動伝送制御システム
・送電工事管理システム
<旅客・鉄道業>
・営業収入管理システム
・宿泊予約管理システム
<自動販売機設置・販売>
・販売管理システム
<郵便>
・郵便貯金システム
<振興協会>
・VIS情報システム
<県信連>
・東関東
・南関東
<全労災>
・政策推進システム
・新会計システム
<印刷業>
・システム移行
次へ
仕事を知る
システム開発は、パソコンに向かって黙々とプログラミングをするというイメージがありますが、実際の仕事は実に様々な作業があります。システム販売事業とシステムサービス事業、各々の内容をご紹介します。

システム開発の仕事について
1.企画立案
1)既存システムの改良
時代の変遷と共にシステムには進化が必要です。法令変更に伴うシステム改造、新しい業務に対応する機能を作るなど、世の中の動きに目を配り迅速に製品に反映させます。
2)新規システム開発
当社では様々なシステム製品を保有しています。機能を組み合わせることで如何様にも新しいシステムとして生み出せる力があります。時代のニーズを的確に捉え、ニーズに適合した製品をリリースします。
2.設計
企画したものを開発するために設計書に落とし込みます。この設計が出来上がりに大きく影響するため、綿密な設計とレビューを行ないます。
3.開発
設計書を基にプログラミングを行います。作るシステムによってプログラミングは様々、システム環境に合わせて最適な技術で実現していきます。
4.テスト
要求を満たすことを実証するためにテストを行います。テストに抜けがあると後々の障害となってしまうため重要なフェーズです。
5.リリース
無事にテストを通過したらいよいよ本番稼動です。
※まとめ
短期間で高品質な成果が要求されます。問題が起これば自分だけの問題ではありません。システム作りにはお客様も含め、多くの人が動きます。一人一人重責を感じながらチームとして活動しなければなりません。
また、技術の変化が早い業界であるため、日々の勉強は欠かせません。今ある技術が1年後には陳腐化してしまうことも珍しくないからです。

システム販売の仕事について
1.営業
システムを導入していただけるお客様を獲得します。きっかけは様々で電話やサイトからのお問い合わせ、電話営業、紹介など機会はどこにあるかわかりません。いつ何時でも迅速に対応しなければなりません。
2.ヒアリング
お客様の要望、要件をヒアリングします。お客様が望んでいることを聞くだけではなく【引き出す】ことが重要です。お客様は業務のプロであるため、私たちも相当の業務知識が要求されます。その業務のプロをリードし、真の目的・要望を導き出すことでお客様に最善の提案をすることが可能になるのです。
3.提案
ヒアリングによって得た要望・要件を提案書にまとめます。ここで重要なことは要望を全て実現しようとしないことです。システム化する必要の有無を明確にし、お客様に最大限のコスト対効果を生み出せる提案をできるかにかかっています。
4.開発
開発部門に引継ぎますが、常に進捗状況を把握しお客様へのフォローをかかしません。
5.導入
決められた納期に納品します。システム開発の要所でお客様にチェックはしていただきますが、問題なく動作するか暫くは緊張が続きます。
6.保守
納めて終わりではありません。当社のシステムをお使いいただいている間は、障害が起こった際の対応や、次期構想に向け準備をしていきます。システムをお使いいただく上で新たな要望や改善点が出てくるものです。
※まとめ
プロジェクト管理は「人・モノ・金・時間」をコントロールすることです。お客様のご期待を裏切らないために、メンバー一丸となってプロジェクトを成功へと導きます。

システムサービスの仕事について
1.システム構築サービス
当サービスはシステムの新規開発を計画される企業様へ当社が設計から導入まで一貫した構築を請け負うサービスです。システム販売事業と同じように見えますが、システム販売では自社システム製品をお客様にフィットするようカスタマイズを行って提供しますが、構築サービスではお客様の要件に適合するシステム環境や技術を駆使して実現します。
お客様専属のプロジェクトを組織し、終了まで責任をもって作業にあたります。
2.システム開発請負サービス
当サービスはシステム開発を部分請負をするサービスです。システム開発は大きく分けて「要件定義」「設計」「開発」「テスト」「運用保守」に分類されます。システムの規模により変わりますが、フェーズ毎またはサブシステム単位で請け負うことになります。
3.技術支援サービス
当サービスは他社のプロジェクトに技術支援を行うサービスです。お客様プロジェクトのメンバーとしてシステム開発に携わります。昨今の情報セキュリティ事情により、お客様先での作業となることが多いと思います。